2014年9月19日金曜日

深夜は陸の孤島の羽田空港に光明。国土交通省から早朝時間帯のバス運行の実証実験が発表される

国土交通省から羽田空港の深夜早朝時間帯のバス運行の実証実験を行う発表があった。羽田空港に降り立った到着客が都心部へ向かう便、および、羽田空港から飛び立つ早朝便に搭乗するために羽田空港へ向かうバスの両方向が設定される
羽田空港の深夜早朝におけるアクセスが便利になります!
~羽田空港と都心ターミナル駅等を結ぶ5路線のアクセスバスの運行~
http://www.mlit.go.jp/report/press/kouku07_hh_000061.html



実証実験の期間が、平成26年10月26日(日)~ 平成27年3月31日(火)。路線は5つ設定されている。
  1. 羽田空港 ⇔ 銀座・東京・秋葉原
  2. 羽田空港 ⇔ 新宿・池袋
  3. 羽田空港 ⇔ 渋谷
  4. 羽田空港 ⇔ 大鳥居・蒲田・品川
  5. 羽田空港 ⇔ 横浜(YCAT)
それぞれ、1日1往復の運行で、気になる時刻表であるが羽田発の便が、午前1時ごろ羽田着の便が 午前4時30分ごろとなっている。

深夜に羽田空港に到着して、都心部へ移動できれば、安価なビジネスホテルやネットカフェなど夜を明かす選択肢がぐっと増えるのがありがたい。逆に早朝便で海外へ向かう場合は、都心部で仮眠や休憩を取り、3時台にバスに乗車して空港へ向かう手段が得られる。

国道交通相のサイトには、路線・詳細な時刻のパンフレットも掲載されているので合わせて参照していただければと思う。


http://www.mlit.go.jp/common/001055122.pdf


0 件のコメント:

コメントを投稿