2014年7月15日火曜日

スクート 成田→台北線に搭乗。加えて次回の渡航に向けて10月以降の便を18,510円で予約

成田発 台北行のスクート便に搭乗した。台湾に行くときは格安で行ける私にとっては定番の便だ。搭乗ゲートは97番はいつものサテライトの端っこである。




セブパシフィック航空の期待を見ながら、サテライトへ向かう




定期便就航の前であるが、バンコクからAirAisa Xが飛来していた。チャーター便のようである。




今日の機材はBarryさん。




座席は最後尾に近いところだったので早めの搭乗で、まだ乗客が少ない状態。






シートのヘッドレストにはシンガポールテレコムの広告が貼られていて




シンガポールテレコムの顧客が海外に出かけたときに、1日 15SG$ から利用できるという広告だった。ドコモのユーザが海外パケホを利用するように、シンガポールの人も、ローミングを安価に利用できる。一方で、旅行者向けに、SingTelのプリペイドSIMでも売ってくれるとうれしいのだが、身分確認が必要な国なので簡単には販売できないから仕方ない。




フライトはいつも通り、必要なものを求めたときに必要なだけ供給してくれる。わずかな時間なのであっという間に台北についてしまう。






ちなみに、現在、2014年10月25日までのプロモ運賃として、片道7440円が出ている。



11月以降でも片道7440円(往復諸税込で18,510円)で予約できる日もあるので、秋の台湾旅行の手配をされてはいかがだろうか?



■台湾のホテルの予約はエクスペディア

0 件のコメント:

コメントを投稿