2014年6月15日日曜日

サムスン Galaxy S5 (SM-G900XX) 国/地域・周波数・キャリアによって多岐にわたる型番の種類

このブログでも、ドコモ版のGalaxy S5 (SC-04F), au版 (SCL23)、また、SIMフリー版と、Galaxy S5を取り上げているが、単にGalaxy S5とは言ってもSIMロック、SIMフリー版を取り混ぜて亜種はたくさん存在している。型番がSM-G900XX、のXXのところが枝番になっており、以下の種類があることが知られている。
  • SM-G9006V_CHN_CHN (China)
  • SM-G9008V_CHN_ZM (China)
  • SM-G9009D_CHN_CTC (China)
  • SM-G900A_NA_ATT (AT&T)
  • SM-G900D_JPN_DCM (Japan) ←ドコモ版SC-4F
  • SM-G900F_EUR_XX (Open Europe)
  • SM-G900H_EUR_XX (Open Europe)
  • SM-G900I_SEA_XSA (Asia)
  • SM-G900J_JPN_KDI (Japan) ←au版SCL23
  • SM-G900K_KOR_KTC (Korea)
  • SM-G900L_KOR_LGC (Korea)
  • SM-G900M_LA_VF (Vodafone)
  • SM-G900P_NA_SPR (Sprint)
  • SM-G900R4_NA_USC (US Cellular)
  • SM-G900S_KOR_SKC (Korea)
  • SM-G900T_NA_TMB (T-Mobile)
  • SM-G900V_NA_VZW (Verizon)
  • SM-G900W8_NA_BMC (BMC)
ドコモやauのようにAndroid OSそのものがキャリア仕様に改造されているものから、ソフトはグローバル仕様だが、モデムの周波数が異なるものまでさまざまある。

国内でSIMフリー版として多く流通しているのを見かけるのは、SM-G900F(欧州・香港など)だろう。エクスパンシスでも型番を明示して販売している。またSM-G900I(台湾など) などがある。それぞれの対応周波数は

■SM-G900D (ドコモ SC-04F)
 FD-LTE  B1,B3,B19,B21
 W-CDMA B1,B5,B6,B19
 GSM    900,1800,1900MHz

■SM-G900F (欧州・香港)
 FD-LTE  B1,B3,B5,B7,B8,B20
 W-CDMA B1,B2,B5,B8
 GSM    900,1800,1900MHz

■SM-G900I (台湾)
 FD-LTE  B1,B2,B3,B5,B7,B8,B28
 TD-LTE  B40
 W-CDMA B1,B2,B5,B8
 GSM    850,900,1800,1900MHz

それぞれ微妙に異なっている。こうして並べてみるとLTEのカバレッジの広さや、日本でも今後サービスが始まっていくとされるから700MHz (バンド28)をサポートしていることから、台湾でのGalaxy S5の購入もよさそうに見えてくる。


■参考
●各機種の詳細な仕様はPDAdb.netにて検索できる。
http://pdadb.net/index.php?m=pdamaster
●2014/01/29 SAMMOBILE - All model numbers SM-G900 GALAXY S5 confirmed?
http://www.sammobile.com/2014/01/29/all-model-numbers-sm-g900-galaxy-s5-confirmed/


■SIMフリー版のGalaxy S5ならエクスパンシス
エクスパンシス

0 件のコメント:

コメントを投稿