2014年5月17日土曜日

Galaxy S5 無料お試しキャンペーンに参加、2週間のレンタル期間をスタート

Galaxy S5の日本国内発売から、Galaxy S5 無料お試しキャンペーンが展開されている。毎日各Galaxy Shopで20台程度、2週間無料でのレンタルを受けられるキャンペーンである。サムスン・ドコモ・auのテレビCMでも告知されているので、ご存知の方もいらっしゃるだろう。

私も、ヨドバシカメラakibaのGalaxy Shopへ出向き、Galaxy S5を借りてきた。開店時間前から待ち構えていたのだが、何名かがすでに待っており期待の高さを感じる。何とか既定の台数には間に合った。

 


店頭ではドコモ版とau版の希望を聞かれ、希望通りドコモ版のGalaxy S5 (SC-04F) を割り当ててもらうことが出来た。





レンタル品とはいっても保護フィルムが貼られた新品の状態である。







Galaxy S5 (SC-04F) 本体のほか、新品購入時のモノがそのまま付属品としてついてくる。



b-mobileの1GB使えるプリペイドSIMや、希望すればナノSIMのiPhoneユーザ向けに、SIMサイズの変換アダプタまで貸出品として用意されており、通信まで含めてすぐに使える状況だ。周到に準備された企画だと感じる。
  • 充電ホルダ クレードル
  • USBケーブルアンテナケーブル
  • ヘッドホン
  • バッテリー
  • バックカバー
  • 説明書, 保証書
  • b-mobileのSIMカード

まずは本体のUSB3.0に対応していて高速転送が期待される





付属のUSBケーブルは2.0であった。ただGalaxy S5に搭載された高速充電の規格 Quick Charge 2.0 には何の問題もない。




裏蓋を開けてみると、b-mobileのプリペイドSIMが取り付けられている




取り外した裏蓋をよく見るとパッキンが周囲を巡っている。防水・防塵機能のポイントになるところだ。ちなみにバッテリの左上にある2つの金色の端子が、S-Viewカバーのコネクタで、本体の真ん中左側にある2つの小さな丸い端子が充電用の端子だと思われる。香港版の裏蓋をばらしたのと比べて、端子の数が減っているような気がするが、おいおい国際版と国内版の違いは調べていきたい。




USBコネクタが3.0で、キャップレス構造とはならなかったこともあり、クレードルの付属はありがたい。ありがたいと言うよりは必須だと思う。充電時に、いちいちキャップを外すのは非常にめんどくさいし、付け外しでキャップはあっという間にもげて無くなってしまうのは目に見えている。






クレードルは、とてもよくできていて、カバーなどを取り付けたときの厚みを調整するアタッチメントや、スピーカの部分に穴が開いていて音が抜けるような設計になっていた。


 



見慣れない付属品として、ワンセグ・モバキャスのアンテナがあった。ヘッドホン端子に外付けである。




装着するとこんな感じになる。実用上、アンテナケーブルの脱着は、ちょっと厳しいかなと感じる印象。






そして、本体の他、試してほしいというおすすめポイントをまとめた冊子合わせて渡された。特にお試しのポイントは以下の4つであった
  1. 高速かつ高機能なカメラ機能
  2. 防水・防塵機能
  3. ウルトラ省電力モード
  4. 心拍数センサー

たしかに、グローバルに全世界で共通の機能として、Galaxy S5の売りになるポイントである。

 




最後に背面の通称バンドエイド柄を見ながら、電源を入れてみる。




起動するとディスプレイは非常に美しく文句ない。Galaxy S II の青みががかったディスプレイや、Galaxy Nexusのにじんだ感じのディスプレイを思い出したのが、技術の進化は本当に速い。




これから、ドコモ版を2週間をかけてじっくりお試ししたい。レンタルとは言えGalaxy S5 (SC-04F) を手にできて、非常に楽しみである。その様子は順次記事したいと思う。

■[Amazon.co.jp] 最初のアクセサリは液晶保護ガラス・液晶保護フィルム

0 件のコメント:

コメントを投稿