2014年2月9日日曜日

国際線LCCフライトでの手荷物の失敗

香港→関空のピーチ便のフライトでの失敗を記事にしてみようと思う。ピーチの持ち込み荷物の重量制限は10kgである。

温暖な香港では不自然な厚手のコートを着込みポケットに重たいものを突っ込みつつ、キャリーバックの重量を9.5kgまで追い込んでパッキングした。預け入れ荷物の料金を節約した格安LCC旅行のためにも、荷物のコントロールは必須だ。




重量をギリギリまで追い込んだにもかかわらず、大きな失敗をしてしまった。日本では未発売の化粧水を買ってきてほしいと頼まれ、街中で買ってしまったのである。



容量は200ml×2=400ml (400g)ではあるが、液体物なので持ち込み不可、やむなく料金を払って預けることになった。実は、セキュリティチェックを受けた後の制限エリア内のお店でも買えるものだったので、ますます心残りである。

機内に吸い込まれていく荷物が、お金に見えて仕方なかったが、LCCとはこうやって、コツコツと収益を上げていくものだと実感したのだった。



ちなみに、国内線は、500mlの容器で、お一人様2kgまたは2リットルまで持ち込めるので、関空から国内各地への乗り継ぎフライトでは預けなくても大丈夫である。


 ■[Amazon.co.jp] 乾電池が使えるハンディ重量計 ドリテック ラゲル LS-100WT

  ハンディ重量計 DRETEC LS-100WT LCCで必須
  http://mobile-mikan.blogspot.jp/2013/11/dretec-ls-100wt-lcc.html

0 件のコメント:

コメントを投稿