2014年2月16日日曜日

香港 天水圍 Harbour Plaza Resort City (香港嘉湖海逸酒店) に宿泊。安くて快適で香港にこもる長期滞在に最適

香港で宿泊したホテル、ハーバープラザリゾートシティ (香港嘉湖海逸酒店)を紹介してみたい。



場所は香港のベッドタウン新界の天水圍に位置している。尖沙咀や香港島からはだいぶ距離があり、地下鉄MTR 西鉄線にて、尖沙咀まで乗り換え1回で、45分ぐらいはかかる位置だ。




アクセスはMTR西鉄線天水圍駅から、ライトレールの循環線706に乗り換えて、3つ目の駅、銀座で降りる。降りた目の前はホテルとショッピングセンターのビルになっている





香港まで来て、わざわざ、そんな遠いところに泊まる意味は何なんだ?と思うかもしれないが、実際に泊まってみて、いろいろとメリットも感じている。

●その1 交通の便

遠いのは事実だが交通の便は良いので、困るほど遠いとは思わない。バスターミナルが隣接しており、香港空港、尖沙咀を経由して紅ハム行き、香港島へは銅鑼湾、大陸方面は深セン湾口岸行き、など香港各地へ直通バスが出ている。特に、香港空港と天水圍間のバスはE34, E34Sであることを覚えておくと役に立つ。


●その2 価格

価格が安い。エクスペディアのクーポン適用で、一泊8,000円程度で止まることができた。立地と安さが両立する重慶マンションの安宿よりは高いが、一定のレベルのホテルであること考えると割安である。




●その3 広くて快適な部屋

スーペリアタイプでの予約だったが、デラックスダブルにアップグレードしてもらえた。広さも快適さも十分。眺望も開放的で、香港らしい高層の建物と水と緑の多い公園が同居した光景で、とても心地よかった。中心地の安宿だと、窓を開けても隣のビルの壁だったり、下手をすると窓なしの宿も多っかたりするが、ここは閉塞感がない。









部屋のタイプによらず、自炊ができるようにフルサイズの冷蔵庫と電子レンジがついたキッチンがあるそうだ。長期滞在であれば、自炊もしたくなるので、これはありがたい。




●その4 ネット環境

香港3のLTEがばっちり入り速度も十分に出る。モバイルルータE5776s-32で、18Mbps近いダウンロード速度を記録している。ホテルのネット接続も提供されているが、有料で1日当たり120香港ドルもするので、LTE対応のプリペイドSIMとモバイルルータを持ち込むのがよさそうだ。これだけ速ければ、クラウドに情報をためておいてもそんなに困ることはないだろう。




●その5 周辺環境

ショッピングセンターが併設。コンビニ、レストラン、大型スーパー、家電のフォートレスが入っているので、日常の買い物は困らない。






●その6 長期滞在に最適

香港のホテルとは思えない広さを堪能できるので、ゆったりとした長期滞在に向いている。郊外にタワーマンションを買って、香港の中心地に通勤するイメージだ。ホテルにこもって、腰を据えて執筆や、各種ビジネス活動にいそしむための、仮設オフィスの感覚で使うものアリだと思う。


■おまけのアルバム

ライトレール銀座駅から望む天水圍の夜景



タワー1側の建物が日比谷



タワー2側の建物が有楽町だったので、駅名は日本の銀座だったらしい。





■香港のホテルを予約するならエクスペディア


■[Amazon.co.jp] LTE対応のSIMフリーモバイルルータ

0 件のコメント:

コメントを投稿